夏季休暇のお知らせ

夏季休暇のお知らせ】


8月17日(水)〜  8月24日(水)は

夏季休暇のため休診となります。

コロナワクチンの接種について

当クリニックでは

コロナワクチンの接種を行っておりません。 


コロナワクチンナビ』(厚生労働省)等で、接種可能な医療機関を

検索のうえご連絡、ご予約ください。

発熱のある方へ

発 熱 の あ る 方 へ』

 

当院は発熱外来を実施している医療機関ではなく

レントゲン検査も施行不可のため

急性の嗅覚、味覚障害に対しての診察も出来ません。


発熱のある方は

新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル

0570-056774

一部のIP電話など上記番号につながらない場合

045-285-0536

までお問合せください。

アレルギー性鼻炎のレーザー治療

このような方にお勧めいたします。

スギ花粉症、通年性を問わずアレルギー性鼻炎の方で・・・

・内服治療など、他の治療に抵抗する難治性の方

・多忙のため、十分な通院や内服のできない方

・薬が嫌い。また、どの薬でも眠気などの副作用が出る方

 

この治療の有効率は80%〜90%ですが、中には無効な方(特に鼻づまりが重症の方)もいます。

治療の持続期間は1クールの治療(2〜3回の治療を初期治療とします)で、平均2年程度、効果の長い方で5年程度快調です。

スギ花粉症の方は効果の観点から、シーズン以外の5月〜翌年の1月初めまでに第1回の治療を開始しなくてはいけません。(スギ花粉症のシーズン中はレーザー治療の効果が低下するためお勧めできません)

治療手順

まず本格的な麻酔の前に、麻酔液を浸した綿棒を左右の鼻に3本ずつ入れます。

その後麻酔ガーゼを15分間程度鼻の中に入れます。(治療の中で最も大変ですが、小学校高学年以上の方であれば問題ありません)

麻酔終了後、鼻の粘膜の表面レーザーを当てます。両鼻10分程度で終わります。

たまに熱い感じを一瞬受けることがありますが、大きな苦痛はありません。

手術後、特別な投薬も必要ありません。

レーザー治療の費用

保険適用ですので、費用は1回 約9,000円です。(3割負担・手術料のみ・診察料等は含まない金額です)

治療後の経過

治療後の1週間程度(まれに2週間)はクシャミ・鼻みず・鼻づまりが一時的にひどくなりますが、その後快調になっていきます。

その間、通院治療ができれば楽になります。鼻をかんだ時にごく少量の血液が混じることがありますが、特に心配はいりません。

味覚・嗅覚障害などの副作用は一切ありません

レーザー治療後の一例

左側(外側)からせり出している粘膜にレーザーを照射します。

レーザー前右    ⇒ レーザー後右 

 

粘膜が収縮して空気の通り道が広くなり、鼻づまりが改善されます。

(治療効果には個人差があります)